Wordで箇条書きの文頭がズレる問題を解決する

ライくん

シマはん、ワードの箇条書きで「スペース」を使って文頭をそろえようとしたら全然そろわないんだけど、なんか良い方法はない?
スペースを使うとうまくいかないよね。スペースの代わりに「TABキー」か「表」を使うとうまく整うよ!

シマはん

会議の日時のお知らせなどの文章で箇条書きをするときに文字と文字の間にスペースを入れて見た目を調整することがあると思います。例えば「開催日」「時間」「場所」「持ち物」などが箇条書きされる場合です。

▼箇条書きをスペースで間隔を調整すると見た目が悪くなることが多いです

▼こんな感じでなんだか少しそろっていない場合です。

こんな時に便利なのが「TABキー」と「表」ですスペースの代わりにTABキーでスペースを挿入すると簡単にそろえることができます。TABキーの文字間隔だと都合が悪い場合は表を挿入するとお好みの体裁にそろえることができます。

ライくん

やり方を教えてくれ!

TABキーで文頭をそろえる方法

やり方はすごく単純で、スペースを挿入したいところでTABキーを押します。文字数によってはTABキーを何回か押せば上下の段落にそろえることができます。

表を使って文頭をそろえる方法

表を挿入する

箇条書きしたいところに表を挿入しましょう。

Wordで表を挿入したい場合、画面上部のリボンの「挿入」タブの左から2番目の「表」をクリックします。するとマス目が出てきます。マウスを動かしていくと、マウスがあるところを終点として行数と列数が設定されます。終点(行数と列数)を決定したらクリックすると文章の中に表が挿入されます。

今回は項目4つの箇条書きを書こうと思うので4行×2列の表を挿入しました。

中身を入力する

表が挿入できたら中身を入力しましょう。マスのサイズ調整はその後にやります

 

マスの幅を整える

中身の入力が終わったらマスのサイズを調整します。中身を入力した段階でマスの「高さ」は整っていると思うので、幅を調整しましょう。表の縦の罫線の上にマウスのカーソルを移動させてカーソルの表示が変わったところでクリックしながら罫線を左右に動かして見た目が良くなるサイズにします。

こんな感じに整うと良いですね。

注意

どこかのマスをドラッグしてから罫線を動かそうとすると、その行のマスのサイズだけが単独で調整されてしまいます。そうなってしまったら表以外の任意の場所をクリックしてから作業をやり直しましょう。

「CTRL + Z」を押せば作業を元に戻せます。戻りすぎたら「CTRL + Y」を押します。

 

枠を透明にする

今回は箇条書きをきれいに表示することが目的だったので、最後にマスの枠の罫線を透明にします。表のどこかをクリックしてください。すると表の左上に十字マークが出てくるのでそれをクリックすると表全体を選択した状態にすることができます。

表全体を選択した状態にすると画面上部のリボンに「表ツール」が表示されているので「デザイン」タブの右から2番目の「罫線」の▼マークをクリックして「枠なし」をクリックします。

すると枠が点線になったと思います。枠が点線になっていれば印刷やPDF出力した場合も枠線は表示されません

行や列を追加したいときは

最後に、行や列を追加したくなった場合について。

行を追加したい場合は表の左側の枠外にマウスをもっていき、「+」マークが出るとことでクリックするだけ。

列を追加したい場合は表の上の枠外にマウスをもっていき、「+」マークが出るとことでクリックするだけです。

下の図のようになります。

なお、表の任意の場所をクリックすると画面上部のリボンに「表ツール」というメニューが出てきます。ここに表示された「レイアウト」メニューからも行や列の追加ができます。

まとめ

「TABキー」を使った方法は簡単ですが細かい設定ができないので、細かい設定が必要な場合は表を使ってみてください。表といえばExcelというイメージがありますが、Wordでも役に立ちますね。なお、行数が多い箇条書きの場合はExcelでベースとなる表を作ってコピーしてWordにペースト、Word上で最終調整する方法がおすすめです。

また、資料を作るときのデザインのコツを紹介した記事も書いてますので、ぜひ確認してみてください。

資料作りに役立つデザインのコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です